なっつんつんの記憶本棚

なっつんつんの記憶本棚

イラストと曲と小説を作るのが趣味な高校生の雑記帳

MENU

作曲教室の体験に行って来た

DTM教室の無料体験で、プロの作曲者と喋ってきた

 

1週間前から期待と不安でそわそわして、当日は夕方まで起きれなかった

 

女性の作曲者って得体が知れなくて怖いな、とか、
年配でもボカロ分かるのかな、と思いながら、
脳内シュミレーションを繰り返していたが、
どちらの予想も外れて助かった

 

でも久々に、立場が真逆なせいで話噛み合わない人、というものに出会った

理論より感覚派っぽい人だなあ

あとギター弾きたがるな、いやいいけども

 

曲見てもらうときは流石に緊張

音量上げないで…大きい音怖い…

「高校生? あーよくいるんだよねそういう人」とはならず、
「いいじゃん!」と好感触で一安心

 

アドバイスを私の解釈した限り要約すると、

 

  • PCソフト(Logic)はGarageBandの延長なので、 どちらも同じように教えられる
  • 作る力は充分あるから、
    自力でできるところまで作ったものを教室で添削する形になる
  • 作りたい曲と似た雰囲気の曲を伝え、方向性を確認する
  • コードが分からない→イメージに合わせコード進行を提示する
  • コードよりメロディーの楽器数を増やすといい 

知ってる曲に似ないようにしてるのを、参考を挙げろと言われても…

 

見てもらった曲への具体的なアドバイスを期待したけど、
Medlyだと簡易的で、まだそういう段階じゃないよなあ

 

つまり、

ガレバンで作って、

自分である程度課題を見つけた上で、

イメージする雰囲気にしていくにはどうすればいいか、

具体的に訊くといい

 

今回のは面接練習だったと思って、
ガレバンで歌もの1曲仕上げて別の教室に再チャレンジしよう

神経すり減るけどね…