なっつんつんの記憶本棚

なっつんつんの記憶本棚

イラストと曲と小説を作るのが趣味な学生の雑記帳

MENU

2021年5・6月


お腹が3ヶ月前を思い出したように痛み始めたから、
何もしてないのに壊れたっていう機械音痴みたいな感想しか出てこない


作品を作って売るのは、臓器や手足を売るに等しい


風刺画(「考えさせられる画像」)を、社会情勢はどうでもよくて、
純粋にデザインアイディア豊富な作品として好きで見たり描いたりしてるのに、
「風刺画描く奴を風刺しろ」というコメントが上位を占めていて悲しくなった
風刺画に描かれた内容は勿論、風刺画を真に受ける人、それを注意する人、
そして作品を勝手に解釈された作者も含めた、
登場人物全員を無差別攻撃しないと気が済まないのか
創作活動は自由だろ


小学生の頃、ゲームを持ってなかったり下手だったりで
自分ではやらずに横から見てる人がよくいた
「見てる方が楽しい」なんてあるのかと思ってたあのときはまだ、
ゲーム実況の存在もその発展も知らなかった


8歳頃、休み時間に工作しようと自由帳をはさみで切っていたら、
取り巻きの女子が作業を覗き込んできて、
その子の長い髪が切れてはらはらと落ちてきたのを妙に覚えている
幸い少しで済んだので、髪の毛を机の下に落として気付かなかったことにした


“This is a pen”の使い所:
「(卓球ラケットを借りて)これペン(ホルダー)!」


5・6月のMytterエントリー数の少なさが頭の状態を表している
半月プログラミング学習して、読書して執筆して、
漸く言語能力、発想・想像力、元の頭を取り戻した


もし全ての初音ミクが同一人物なら着替えが大変そうだ
描く人によっていつもの服のデザインが微妙に変わるから…


LINEで同時に複数の話題を話すのは、
会話のキャッチボールどころか、複数の玉でラリーを打ち合うようなものだ